初心者のための株!株は決して怖いものじゃない!

株を買うためには証券会社選びから

初心者が株を買うためには証券会社を選ぶことから始めます。株を自分で直接買うことができるのは一部の特定の人だけです。一般の人は証券会社を通して株を買うことになります。証券会社は投資のスタイルによって変えるといいのですが、初心者は料金の安いところを選ぶといいでしょう。委託手数料などはそれぞれの証券会社によって手数料の価格が違います。この他に口座管理料などの手数料がかかるところもあります。初めての場合はネットから注文することなどが多くなるので、管理画面が使いやすく手数料が安い証券会社を選ぶといいです。

初心者の株を始める前の心構え

株を始めるときに考えるのが損をするのではないかという恐怖感です。この感覚は持っているのが正常です。株を始めるときに覚えておくといいのが学ぶためにはお金が必要だということです。資格を取得するときにも、大学に通う時にもお金を払って学びますよね。同じように株を学ぶときにもお金がかかると考えれば、損をしたとしても怖くはないです。学んだことを利用して次は儲けが出るようにすればいいのです。実体験の機会は机上の勉強では得られない経験を得ることができます。

初心者が始める株の始め方

証券会社を選んだら、次はいよいよ株を選びます。ここで大事なポイントがあります。株を始めるときには必ず小さく始めましょう。始めから大きく儲けるために大きな投資をしてしまうと取り返しのつかないやけどを負うかもしれません。自分の許容範囲内の投資金額を決めておいて始めるといいです。この株が伸びそうだとか考えずに、応援したい会社の株を買うことから始めるといいかもしれません。買った後に学ぶことが色々とあるのです。まずは実践することから始めましょう。

株の信用取引の取り組み方を学ぶうえで、これまでの実績の良いファンドのサービスの内容を調べることが有効です。