運用効率で考える!信用取引において有用な資産運用の方法とは?

信用取引では損をしないことが最も重要!

証券取引において利益を出すためには、勝つことよりも、いかに負けないようにするかが重要です。現物取引よりもリスクが高い信用取引の場合、こうした考え方は徹底すべきであり、少しでも損をしない手法を考究していかなければなりません。そのような観点に立つ場合、運用効率を高めることは非常に大事になってきます。「損をしない取引」ではリターンも少なくなってしまう可能性が高まるため、決められた枠の中でより最適化された利殖を求める姿勢により、着実に利益を積み重ねていく必要があるのです。

信用取引の建玉運用で利益を取っていく方法

信用取引で損を出さずに利益を得ていくことを重要視した場合、最も効率的なのは建玉運用を利用して株主優待を取得していく方法だということになります。株主優待マニアなどの間では非常に有名な手法ですが、優待が欲しい銘柄を権利落ち日前に現物買いしておき、それと同時に同じ銘柄を空売りしておけば、権利が確定した後に手仕舞いしても株価の上下で損利が出ずに優待だけ得られるというものです。金利や手数料の手出し以外では資金がかからず、株主優待という利益のみを得られるということで、現在でも好まれている信用取引の手法の一つです。

代用有価証券を利用して資産運用の効率を高める

信用取引では、ほとんどの証券会社で「代用有価証券」という制度を活用することができます。これは、手持ちの証券や債券などの有価物を、信用取引を行うための委託証拠金の一部として流用するもので、眠っている資産を信用取引に充てられるなど、運用効率の面で非常に高い利便性を持っています。しかし、額面通りの金額で運用できるわけではないため、代用有価証券を利用する場合は、証券ごとに設定された評価掛目を事前に確認しておかなければなりません。

信用取引の担保の必要性は、投資額によって決まることがあるため、早いうちから顧客対応の良い証券会社に問い合わせることが大事です。